一般的な情報

牛の予防接種のスキーム

Pin
Send
Share
Send
Send


牛は多くの危険な感染症で病気になることがありますが、それは非常に困難で、時には単に戦うことが不可能です。いくつかの感染の結果として、動物は素因の徴候が現れてから数時間後に死にさえする。

牛が飼育されている地域によっては、そこで流行している病気に対する予防接種が行われますが、生息地にかかわらず、最も危険な病気は牛や子牛への予防接種が必要です。

一般に、牛の予防接種は、副甲状腺熱(サルモネラ症とも呼ばれる)、伝染性鼻気管炎、ウイルス性下痢、パラインフルエンザ、パスツレラ症、地衣類、炭疽病、エムカー病およびレプトスピラ症に対して行われる。

最初のワクチン接種だけで十分であるため、いくつかのワクチン接種は小さな子牛だけに必要とされ、そして成体動物にはもはや必要とされない。他の病気に対する予防接種は、若い動物だけでなく、成人の全人口に対して毎年1〜2回行われます。

複合ワクチン「コンボバック」によるワクチン接種中およびパスツレラ症に対するワクチン接種中に、第二の場合にはパスツレラ症に対する免疫強度を、そして第一の場合にはウイルス感染についての免疫強度をチェックすることが必要である。これはこれらの予防接種の前提条件です。

正しい順序で正しい間隔で牛に予防接種をするためには、牛の予防接種計画が必要です。獣医師はこの計画に取り組み、動物の感染症の免疫予防を行います。成体牛の場合、予防接種の頻度だけが重要ですが、子牛の免疫力を高めるためには、予防接種を受けるために必要な年齢と、予防接種を再接種するのに必要な正確な時期を知る必要があります。体が若い。

それでは予防接種スケジュールは何ですか?一番最初の子牛接種は10日齢で与えられるべきです。これはパラチフスワクチンです。ワクチン接種後10日後、すなわち20日齢で、動物はこの病気のために追加免疫される。

30日齢では、パラインフルエンザ、鼻気管炎、ウイルス性下痢および他のいくつかの病気に対する包括的な予防接種が通常必要です。この年齢で使用されるワクチンはCombobacと呼ばれています。ここでも、再接種は15日、すなわち45日で必要です。

55日目に、子牛はパスツレラ症の予防接種を受け、再ワクチン接種は12日後、67日に行われます。

七十七日で、あなたは地衣類に対するワクチンを必要とします。そして、それは13日後に、90日の年齢で繰り返されるべきです。

大腸炎に対する予防接種は2回行われます。出産の100日前の初回と90日の第2回です。副甲状腺熱による予防接種は、分娩の80日前に行われ、その後70日後に再接種が繰り返されます。ワクチン「Kombovak」は、最初の分娩の40〜50日前と、2番目の分娩前の14〜21日の牛へのワクチン接種を必要とします。

100日齢で、子牛は炭疽菌に対して予防接種を受けます。以前のすべての予防接種とは異なり、このワクチンは数日後に再接種することなく1回接種されます。

レプトスピラ症に対する予防接種が行われています。レプトスピラ症は、125日の年齢で15日以内に繰り返す必要があります。

135日後、emkarに対する予防接種が行われますが、再接種は必要ありません。

レプトスピラ症は、1年に2回、半年ごとに成牛にワクチン接種されていますが、パスツレラ症の予防接種にはまったく同じパターン、つまり年2回使用されています。

生まれたばかりの子牛に一次免疫を作り出すために分娩前に行われる予防接種もあります。

予防接種を行うときは、病気の牛へのワクチン接種は固く禁じられているため、動物が病気にかかっていないことが重要です。これは病気の経過を悪化させるだけで、家畜の健康に予期しない合併症を引き起こします。

牛の予防接種のスキーム

家畜を多くの感染症から守るためには、牛の予防接種が必要です。感染は急速に広がり、その多くは感染後数時間以内に動物を死に至らしめる可能性があります。予防接種は、予防接種の最も効果的な方法です。特別な製剤を導入することで、確実な後天的免疫が確保され、病気が発症するリスクが防止されます。

牛に対する主な推奨予防接種

牛はサルモネラ症、鼻気管炎、ウイルス性下痢、炭疽菌およびその他の広範囲に渡って急速に伝染する病気に対して予防接種を受けなければなりません。予防接種は一定の頻度で行われます。予防接種は子牛に免疫を獲得させ始めます。予防接種は動物が一定の年齢に達するとすぐに行われます。その後、一定期間後に再接種が行われます - 病気と闘う体の能力を強化するための繰り返しの予防接種。

最も危険な病気に対する予防接種の主な計画:

  • 最も早いのはパスツレラ症に対するワクチンです。それは55日齢で子牛に与えられ、さらに12日後に結果を確定するために再ワクチン接種が行われます。
  • 77日齢で、子牛は地衣類感染に対して予防接種を受け、再ワクチン接種は90日で行われます。
  • 100日齢では、他の種類のワクチン接種とは異なり、子牛は炭疽菌に対してワクチン接種され、再注射は必要ありません。
  • 出産直前に特別なワクチンが使用されています。これは、生まれたばかりの子牛に対する免疫力を高め、損失を防ぐのに役立ちます。
  • サルモネラ症に対する予防接種は、意図された分娩の80日前に行われ、10日後に再接種を行う必要があります。

これらは、急速に家畜を大量に失う危険性のある病気の蔓延から家畜を守るための予防接種です。複雑な予防のために特別なワクチンが使用されています:分娩の50日前に予防接種が行われます。流行状況が悪化した場合は、感染が群れに入るのを防ぐためにワクチンスケジュールを調整する必要があります。

複合ワクチンの使用

大規模な農業会社と民間農場の所有者の両方によって定期的な予防接種とタイムリーな予防研究が行われるべきです;ワクチン未接種の動物の肉は人間にとって非常に危険です。すでに生後1.5ヶ月で、一価の複合ワクチンが子牛に使用され始めています。

  • TAURUS - 最も人気のあるワクチンの1つで、ウイルス性気管炎、パラインフルエンザ、レプトスピラ症の予防に使用されます。
  • COMBOVACは、ウイルス性下痢、ロタウイルス感染などを含む、最も一般的なウイルス感染から保護するために設計された包括的なワクチンです。
  • 関連ワクチンは家畜を炭疽菌から保護するために使用されます。

これらおよび他の複雑なワクチンを使用すると、予防策のコストを削減し、同時に最も信頼性の高い家畜の保護を提供できます。予防接種の要件を遵守することで、購入者を見つけるのに問題なく家畜を販売し続けることができます。

重要な条件: Agriholding Miratorgは、口蹄疫およびブルセラ症の予防接種を受けた家畜を肥育および屠殺のために購入していません。あなたが会社の専門家から得ることができる購入の条件と予防接種要件についての詳細な情報。家畜の維持のための要件を遵守することはあなたが高値でそれらを売ることを可能にし、良い掘り出し物を発行するでしょう。

新生子牛の予防接種(1〜20日の投薬)

生まれつきの子牛は他の人より病気にかかりやすいのですが、それは自然保護が長続きしないからです。生後2週目からすでにワクチン接種が開始されており、最初のワクチンにはウイルス性下痢症、サルモネラ症、双球菌性敗血症、感染性鼻気管炎、パラインフルエンザ、口蹄疫などがあります。

ウイルス性下痢

これは、子牛の消化管の粘膜の病変によって特徴付けられる感染性の非常に不快な病気です。ウイルス性下痢が口内炎に関連することがありますが、主な症状は痛みを伴う咳、鼻腔からの粘液膿性分泌物、口内の潰瘍およびびらん、頻脈、下痢、発熱です。

新生子牛の感染を防ぐために、通常は乾式培養ワクチンワクチンが使用され、10日目の子牛が初めて接種され、20日後、すなわち1ヶ月齢で2回目が接種されます。子牛1頭あたりの希釈薬の投与量は3立方センチです。見て

サルモネラ症

子牛の消化管に影響を与える別の感染症。疾患の急性の経過において、腸炎および敗血症が起こり得、そして慢性の形態において肺炎が現れる。子牛が予防接種を受けた牛から生まれた場合、サルモネラ症に対する最初の予防接種は20日齢で行われ、予防接種を受けていない動物の場合は5〜8日の早い時期に繰り返し接種されます。 5日後に この場合最も成功した薬は、1.0立方センチメートルの投与量で初めて使用される濃縮型 - アルミナワクチンであると考えられています。ふくらはぎ当たりcm、2.0立方センチ。 cm - 再接種あり。

双球菌性敗血症

この疾患は、敗血症の出現および関節の炎症を特徴とし、ほとんどの場合、2週間から2.5ヶ月の間に若年者に発症する。子牛だけでなく双子球菌性敗血症に対するワクチンに使用される子羊および豚でもある、8日齢の子牛の適時のワクチン接種によって病気の発症を予防することが可能である。 5mlのワクチンを初めて使用するとき、そして再ワクチン接種で、用量は10mlに増やされます。

感染性鼻気管炎およびパラインフルエンザ-3

伝染性鼻気管炎は、子牛の上気道におけるカタル - 壊死過程によって主に現れる伝染性疾患であり、それが今度は発熱、結膜炎および一般的な動物の素因を引き起こす。パラインフルエンザは同じ伝染病であるため、これらの病気の症状は似ています。 両方の疾患を予防するために、最初に10日齢で子牛に投与されるパラインフルエンザ-3および鼻気管炎に対する乾性関連ワクチンが使用され、次いで25日後に再ワクチン接種が行われる。単回投与 - 3立方センチメートル。筋肉内的に見なさい(croupの地帯で)。

口蹄疫はウシおよび他の多くの動物のウイルス性疾患であり、唾液分泌および体温の上昇ならびに口腔、四肢、および乳腺のびらん性病変を特徴とする。しかし最悪のことは人がこの病気に苦しむことができるということです、それで予防接種が以前に行われなかったそれらの農場では新生児は血清または回復期の血液、または高免疫血清を使って生後1日から予防接種を受けます。

後に、生後2ヶ月後に、動物一匹あたり5 mlの投与量で、ラピン化培養ウイルスから水酸化アルミニウムワクチンを使用することができます。

若い株のワクチン

「メンテナンスヤング」という用語は、引退した個人の代わりに群れを補給することを目的とした動物を意味します。多くの場合、彼らは高性能の繁殖用牛の子孫であり、したがってはるかに価値があります。当然のことながら、それらは予防接種計画にも反映されている2つの主な期間に分割されている最高レベルでも組織されています。

レプトスピラ症

レプトスピラ症は、子牛または成人の毛細血管の病変、ならびに肝臓、腎臓、および筋肉組織の正常な機能に対する悪影響を特徴とする、非常に危険で不快な疾患です。多くの場合、全身の一般的な中毒の兆候、波のような発熱があります。

病気を予防するために、寄託された多価ワクチンまたはArmavirバイオファクトリーの多価ワクチン「VGNKI」がしばしば使用され、40日齢で最初のワクチン接種を行い、6ヶ月後に再ワクチン接種を繰り返す。一次ワクチン接種に使用される薬の用量は4立方センチメートルです。 cm、そして再移植時は2倍にすることができます。

白癬症

この病気は真菌由来であり、皮膚上に密集した結核の出現であるスベルベ(sverbezh)によって特徴付けられ、それは結局表面の上に上昇する様々なサイズの白い斑点に変わる。これらの場所の羊毛は鈍くて乱れて見えます。時間が経つにつれて、スポットは灰色がかった地殻で覆われます。

枯渇はより多くの子牛に影響を及ぼし、額、目、口、首の付け根に局在し、ひどいかゆみを引き起こします。この疾患からのワクチン接種は、1ヶ月齢で初めてTF-130、LTP-130薬を使用して行われ、その後6ヶ月後にワクチン再接種が行われます(2〜4mlに用量を増やします)。

パラレリップ-3

有効な代替手段として、パラインフルエンザ-3から子牛にワクチン接種する場合(鼻気管炎に対する上記ワクチンの再接種の選択肢を考慮しない場合)、筋肉内注射によって3ヶ月の子牛の体内に2立方メートルの用量で導入されるおうし座凍結乾燥ウイルスワクチンを使用できる。同時に、ワクチン「おうし座」は生後1.5ヶ月に達した個人に使用することができます。この場合、立方体は皮下注射によって注射される。薬を見なさい。

第2期間(90〜435日)

2回目の予防接種期間は、新しく危険性の低い病気に対する予防接種のための優れた時期です。若い牛の体は少し強い時間を持っていました、それは予防接種後の望ましくない副反応の危険性が最小にされることを意味します。

この感染性起源の人為感染症疾患は、動物の心血管系および生殖器系の病変を特徴とし、これはさらにウシの流産につながる。この疾患の最も特徴的な症状には、子宮内膜炎、出産遅延、性器からの粘液性褐色分泌物、乳房炎および乳房腫脹があります。成人期における問題の発生を防ぐために、牛は3ヶ月から予防接種を受けています。良いワクチン接種は、皮下に2mlを注射された19株からの薬でしょう。

すべての農家が他の牛の病気に気付いていない場合、狂犬病はおそらくはるかに多くの牛の飼い主を恐れています。第二期では、予防的ワクチン接種のスキームにおいて、この疾患に対するワクチン接種の使用が提供される。良い解決策は、Shchelkovo-51株(Rabikov)の液体培養不活化ワクチンです。 3ヶ月齢から始めて、子牛は5立方メートルで注射されます。 1年後に再ワクチン接種を繰り返すと、薬を参照してください。さらに予防接種が2年ごとに行われます。

パスツレラ症

他の多くの感染症とは異なり、パスツレラ症は動物の臓器や体組織の炎症を引き起こさない。原因物質を検出することが唯一の血中にあることができ、そして病気の症状はしばしばぼやけています。疾患の急性期の最も特徴的な徴候の1つは、高体温、乳汁の消失、および乳房炎の発症です。死は可能です。

動物のワクチン接種のためには、乳化ワクチンおよび半液体水酸化アルミニウムホルモールワクチンが使用される。前者の場合、薬剤を首の両側に1.5ml(調製物の筋肉内に3.0mlのみ)注入し、そして1年後にこの手順を繰り返し、そして後者の場合、5.0立方メートルの群れ領域に注入する。初めてcmと10立方センチメートル。 cm - 15日後に再ワクチン接種

炭疽菌

この病気はさまざまな形で牛の体内で起こるので、その最初の兆候は他の病気の症状と完全に混同される可能性があります。しかしながら、結果として、血液凝固性はほとんど常に妨害され、浮腫および低酸素症が現れる。

身体の非常に強い中毒を発症すると、複数の出血が起こる可能性があります。 子牛は3ヶ月齢でこの病気に対する最初のワクチンを接種され、その後14ヶ月で再ワクチン接種が行われます。最初に1mlのSTIワクチンが使用され、そして第2の場合には投与量は2mlに増加される。

昆虫によって運ばれる多くの病気の1つ(特にダニ)。潜伏期間は9〜21日で、その後主な症状が現れます - 体温が高い(+ 40℃を超える)およびリンパ節が腫れた(触ると緻密になり、目立つようになります)。病気の動物は常に嗜眠状態にあり、食べることを拒み、すぐに体重を減らし、常に嘘をつき、そして適切な治療法がなければ死にます。 В качестве основной профилактической меры используется жидкая культуральная вакцина, выполняющаяся однократно, начиная с полугодовалого возраста животного путём подкожного введения в среднюю зону шеи, по 1 мл на одну особь (вес и возраст не имеют значения).

Эмфизематозный карбункул

Самым явным признаком данного заболевания выступают мышечные отёки, которые на начальных этапах очень горячие, а затем становятся холодными, с сухой и жёсткой кожей над ними. これにはすべて体温の上昇が伴い、特に病気の診断が間に合わなかった場合は特に、ほとんどの場合致命的な結果に終わります。 予防目的のために、ホルモールワクチンがしばしば使用され、それはウシおよびヒツジにおける疾患の発症を予防するために特に開発された。それは、3ヶ月齢で動物当たり2mlの用量で1回投与される。予防接種は、6ヶ月前に行われた場合しかし、その後同じ投与量で再接種が必要です。

結節性皮膚炎

体温の上昇に加えて、この感染症は結合性皮下組織や個々の臓器の組織の腫れにも現れます。おそらく、目の結節性病変、消化器や呼吸器系の粘膜の外観。これらすべての症状の発症を予防するための典型的なワクチンはドライワクチン培養ワクチンで、これも天然痘牛の感染予防に役立ちます。

6ヶ月齢までの若い動物に2週間の間隔で2回ワクチン接種し、6ヶ月齢に達した後、7〜8ヶ月で薬物の再導入を行うことができます。首のゾーンで一度に1立方センチメートルを入力してください。ワクチンを見てください。ワクチン接種動物における結節性皮膚炎および天然痘に対する免疫は、ワクチン接種の5日後からすでに形成され始め、約1年間持続します。

口蹄疫予防接種は毎年再予防接種を提供します。系統的ワクチン接種の場合、疾患の発症を予防するために、動物の生後4ヶ月目から開始し、その後3ヶ月毎に1年半まで不活性化三価ワクチンを使用することができる。単回使用のための薬物の投与量は製造業者によって異なり得る。

乾乳牛および未経産牛(非生牛)の予防接種

乾燥期間では牛がミルクを与えるものではありませんが、彼女の体はまだ一定量のエネルギーを必要とし、起こって多くの変更です。もちろん、有害な微生物の影響は動物の健康に非常に有害である可能性があります。つまり、予防接種を忘れるべきではありません。この責任あるプロセスの準備をしている非生きている牛にも同じことが当てはまります。どちらの場合も、関連はサルモネラ、レプトスピラ症、大腸菌症の予防接種を受けています。

コリバクター症

重度の下痢、敗血症、および腸炎を特徴とする感染症。この病気は子牛の特徴ですが、乾いた牛の間でよく見られます。予防目的のために、次の出生の1.5〜2ヵ月前に、2週間後に再ワクチン接種を繰り返しながら、コリバラ症に対するヒドロキシアルミニウムホルモルムサルワクチンが使用されます。両方のワクチン接種のワクチン接種量は10〜15立方センチメートルです。筋肉内(頸部)を参照してください。

牛乳ワクチン

必要に応じて、乳牛を予防接種することができますが、予防接種スケジュールに従っていれば、口蹄疫に対する予防接種は1回だけで済みます。

大人の牛はgidrookisalyuminievuyu lapinizirovannogo文化ウイルスからワクチンを使用して、毎年この病気の予防接種を受けています。このような再ワクチン接種では、各成体動物は5mlの製剤を皮下注射される。いくつかの獣医は、皮膚の下に4ミリリットル、上唇の粘膜に1ミリリットルを使用して接種を分割することをお勧めします。

妊娠中の牛に予防接種をすることは可能ですか

妊娠している牛、つまり妊娠中の牛は予防接種を受けることができますが、それは目的の出産の2か月前までにこの手順を実行することによってのみ可能です。白血病、ブルセラ症のためにそれらから血液を採取するために炭疽菌に対してそのような動物に予防接種をすることだけを推奨しません。

記載されている予防接種はすべて、あらゆる年齢の牛の健康にとって非常に重要です。したがって、農家は予防接種スケジュールを順守し、家畜の危険を冒さないでください。これは、遊歩道や農場の他の住民との接触の可能性がある動物に特に当てはまります。

帯状疱疹(ヘルペス)

牛の帯状疱疹またはヘルペスの原因物質は、ヘルペスウイルスです。牛の感染は免疫力の低下が原因で起こることが多く、その間に体の防御力が低下します。ウイルスは、病気の人との接触後、または空気を介して牛の体に入ります。

ヘルペスウイルスは神経向性であり、それが原因で神経幹および神経節に位置しています。これらの場所では、彼は何の症状もなく長期間滞在することができます。しかし、すぐに牛の免疫におけるわずかな減少があるとして、ウイルスが活性化し、症状の数を引き起こしています。

牛はより冷静に行動し始め(一種の嗜眠が現れる)、食物を提供することを拒否するかもしれません。ほとんどの場合、動物は体内に感染があることを示す体温上昇反応を経験します。大きな神経幹(通常は肋間)の投影では、赤みを帯びた斑点が現れ始め、それが今度は牛に多くの不快感をもたらします。時間が経つにつれて、これらのスポットは、ヘルペスウイルスの原因物質を出没する液体で満たされているブリスターに開発しています。これらの水疱は、激しいかゆみやさまざまなオブジェクトにこすりしようとしている牛を起こし、その後、彼らが破裂し、空に。同様に、牛はウイルスを環境に広げ、帯状疱疹で人や他の動物に感染します。これが起こらないようにするには、できるだけ早く分離する必要があります。

気泡が開いた後、浸食性の表面が現れ、それはすぐに地殻で覆われるようになります。これらのクラストはすぐに消えますが、それらには大量のウイルスも含まれています。いくつかのケースでは、牛の病気は異型、すなわち症状が表示されますが、非常に迅速かつ知覚不能に消えます - これは免疫がヘルペスウイルスの活動を抑制することに成功したことを意味します。

帯状疱疹の予防

この病状から牛を守るために、彼女は予防接種を受けています。この目的のために、特別に開発されたワクチンが使用され、それは生きているが、帯状疱疹の原因物質の予め弱毒化された細菌から作られる。ワクチンを約40日の間隔で2回皮下注射する。

白癬

牛の皮膚や髪に影響を及ぼす真菌性疾患。原因物質は真菌トリコフィトンであり、これは外部環境において非常に高い安定性を有する(剥離した地殻および羊毛において、それは2年以上その活性を保持することができる)。

病原体の発生源:病気の牛や庭に住む他の動物、あるいは白癬菌のげっ歯類の患者。感染は、土壌、機器のケア、敷地内の牛舎を介して行われ、実際には患者検体と接触した後。動物の免疫力が低下すると、発生率のピークは冷たい毛穴に落ちます。

地衣類の剥奪期間は約1ヶ月です。この時間の後、牛の皮膚に不均一に形成(最終的には彼らが軟化)が表示されます。少しして、それらはさまざまな形や大きさのスポットになります。現われる場所で育つ羊毛、少し暗くなり、波立たせて壊れます。これらの領域は外皮で覆われており、その除去後、皮膚にはげた斑点が現れる。若い動物では、白癬は顔や耳に影響を与えます。成牛では、真菌は体全体に作用します。真菌にぶつかったすべての皮膚はひどくかゆみ、動物に多くの不快感をもたらします。

地衣類予防

牛が白癬を避けるために、それは(年齢を与えられた)一定量のワクチンを接種されています。ワクチンは2週間で注射の間の間隔で2回筋肉内に投与される。

予防接種は、あらゆる年齢の子牛(子牛から成体牛まで)に対して行われます。すでに注射後30日目に、約一年続く着た免疫は、表示されます。牛を奪うことに対する最大限の保護のために、予防接種は毎年行われます。

年齢12-18日:

この年齢で、子牛は伝染性鼻気管炎(RTI)、パラインフルエンザ-3(PG-3)、RSウイルス(RSV)およびパスツレラ症に対して予防接種を受けなければなりません。

鼻腔内ラベル(各鼻孔につき1ml)とBovilis RSPワクチン(パラインフルエンザ3不活化ワクチン(PG-3))を同時に使用して、Bovilis IBR(感染性牛鼻気管炎に対する特異的予防のための生ラベルワクチン)を接種することができます。皮下に5mlを用量における感染合胞体(RS)とRNCパスツレラ)。

年齢120-130日:

RTIs - 2 ml / mに対する再ワクチン接種が必要です。

このスキームによるワクチン接種は、2ヶ月齢までに子牛の呼吸器疾患の主要な病原体に対するある程度の防御を作り出すことを可能にし、そしてまた、8-10ヶ月齢までの呼吸器疾患の発生を予防する。

主要な感染症に対する子牛の予防接種計画

サルモネラ症予防接種

部門や地域の問題を抱えた状況で1ヶ月の歳で子牛で開催されました。あなたの地域で一般的な病気の原因となる病原体の血清型は、まず獣医の専門家に相談しなければなりません。

この期間中、子牛は通常白癬と炭疽菌に対してワクチン接種を受けます。

成体牛には、1年に1回、できれば春に、牧草地、子牛および子羊の牧草地の3ヶ月前から炭疽菌ワクチンを接種します。
口蹄疫ワクチン

牛は年に一度口蹄疫の予防接種を受けています。

母性免疫は若い動物の予防接種の効果を抑制することができます、それ故、ウシの体系的予防接種による子牛の予防接種は3-4ヶ月齢で始まります。しかし、子牛が1か月前に予防接種に反応するという証拠があります。


6か月から
子牛は狂犬病予防接種を受けています。または、地域の複雑な流行状況で、ワクチンは、6ヶ月でブースターと3ヶ月で置かれています。

30日齢までのブタ

ブタには、乾燥非病原性ラピン化ウイルスワクチンを接種する。

生後10〜15〜30日の子豚にワクチンを接種し、離乳前10日目と3〜4ヶ月齢に達した後に2回目の繰り返し接種を行う。
30日齢以上の子豚にはワクチンを接種し、3〜4ヶ月齢に達した後に再接種します。

3ヶ月齢と古いから豚は、関係なく、ペストに対する以前のワクチン接種のタイミングの、一回のワクチン接種します、

雌豚は交配後28-30日以内に予防接種を受けるように勧められています。

予防目的で、イムノラクトン薬は筋肉内に使用されます:3ヶ月齢〜0.4g未満の子豚、3ヶ月齢以上の成体ブタに対して体重1kgあたり0.1g。

2ヶ月齢のブタ

丹毒の予防のために、ブタに水酸化アルミニウムを接種するか、ワクチンを接種する。生後2ヶ月以上のすべての豚に12〜14日の間隔で2回ワクチン接種する。
病気で感染していると疑われる豚には、生体重1kgにつき2mlの用量の抗血清血清を接種し、そして10〜12日後にワクチンを接種する。

あなたは私たちのウェブサイトへのリンクを置くことができます:

クロストリジウムの管理 - 体系的な予防接種

Lyudmila Ivanovna Redkozubova、 会社「Vetprom」の牛部門の獣医コンサルタント

クロストリジウム - 胞子嫌気性微生物。環境では、彼らは、高密度の胞子殻であり、そしてそれが入った場合の有利な条件は、それを失います。この過程には、血流に吸収されて脆弱な臓器に届く最も強い毒素(たいていは肝臓、腸、腎臓、そして損傷を受けた筋肉や神経系の細胞)の放出が伴います。

クロストリジウム症の発症パターン

クロストリジウム症の原因となる病原体は、子牛が傷つくまで(3〜4ヶ月)、分娩後の牛(分娩中の休憩)および条件付きの牧草地での放牧中に非常に危険です。クロストリジウムは腸に入ると増殖し、その後再び胞子膜で覆われ、糞便で体から排泄されます。クロストリジウムが腸を貫通するとき、病気が常に発生するわけではないことに注意すべきです。輸送中に消化器系を通過し、体を一定の胞子状態にしておくことがよくあります。感染の重症度は、胞子が好ましい環境、消化管または創傷に侵入して鞘を失うと、クロストリジウムを放出する毒素の数によって異なります。農場でのこれらの病原体の含有量が増加すると、体の防御力が低下し、最も一般的な日和見微生物叢が活性化し始め、動物に続発性細菌性疾患(パスツレラ症、サルモネラ症、結腸細菌感染症など)を引き起こします。オブジェクトに関する論争クロストリジウムが大きければ大きいほど、それらが身体に入る可能性が高くなります。

クロストリジウムの高レベルの病原性を引き起こす12の毒素

Pin
Send
Share
Send
Send