一般的な情報

アスターの最も美しい品種:レビューと世話

Pin
Send
Share
Send
Send


あなたの国の庭の花の庭のためのアスターの最高の品種を選ぶことは容易ではありません。毎年恒例の(中国人)アスターは素晴らしい多様性を持つ庭師を魅了します、そして私は店で最高の品種を植えたいです。最も美しいアスターの近代的な品種は、最高の繁殖学校によって生み出され、世界的に認められています。したがって、私たちは年々安定しており、さまざまな種類のアスターから選ばれた最高の代表を育てています。

広い範囲は次のパラメータで設定されます。

  1. タイミング 開花(早、中または中遅、長くてつかの間)。
  2. 花序の分岐と数.
  3. 身長:15センチから1メートルの範囲。彼ら自身の装飾と縁石の「子供たち」、およびカットオフの「巨人たち」と「ミドルグループ」。
  4. テリーハローの程度。確かに、緻密に作成されたモードで、セミダブル "カモミール"もきれいです。
  5. 直径:3〜20 cm
  6. 花びらと花序の形:針、パイオン、ポンポンなど
  7. ぬりえ - 毎年恒例のアスターのメインの「切り札」:さまざまな鮮やかな色またはパステルカラー、ツートーンで複雑なモジュレーション。

アスターはあまりにも早い植栽日を必要としません。それらは、通りの温室と温められていない温室で育てられた苗を通してうまく耕されます。実践的でポジムニ作物。植物は気付かれず、そして唯一の深刻な問題はそれらがフザリウム萎凋病にかかりやすいこと(より完全には病気や害虫について)です。この病原体に比較的耐性がある現代の品種があります。予防策は、トラブルを回避し、本当の美しさを表現するのに役立ちます。

タジーの星

その名前は、ギリシャ語のASTRA - "star"の本来の意味を超えています。植物全体の高さが15 cmを超えないミニチュアの「ボール」は、夏の2ヶ月目からシーズンの終わりまで(100日以上)密集した針の「星」が散りばめられています。葉はほとんど見えない。各 "スター"の直径 - 6センチ、色合いが見つかり、豊かで繊細です。美しさは悪天候に強く、冬の前に播種するのに適しています。ポットカルチャーに適しています。

エアフルトドワーフ

この赤ちゃんはドイツ出身です。ピラミッド型のコンパクトな茎は、地上で20〜30 cm上昇し、強い小枝は約10 cmの予想外に大きな花序を持ち、古典的な配色のミニチュア牡丹 - テリーとセミダブルの飽和トーン - に似ています。生育期の開始から3ヶ月後に咲きます。

田舎の花壇やブーケに最適な背の高いアスターの品種

花びらの形による星の安定した分類は存在しません。例えば、狭い花弁と広い花弁の両方を有する花序は、菊型と称され得る。しかし、栽培者にとって、名前はより重要ではなく、本当の美しさです。

広い花びらを持つアスター

基本的に、古典的なタイプの牡丹の花がここに表されています。

フランス語の単語から翻訳された「公爵夫人」を意味します。これは、中心部に向かって美しく傾斜した、厚い花びらを持つ特別なタイプの牡丹アスターです。中期から中期の晩期開花期:8月から9月。 1本の枝茎が束全体を置き換えることができます。花冠は球形で、それぞれ9〜10 cmで、色が豊富にあります。

母のブーケ

夏の終わりと初秋に豊かな開花と牡丹の形をした古典的なアスター。それは70センチの高さに達し、直立した枝分かれした低木は直径8-10センチのダースの花の頭を与えることができます彼らは刈り込むのに素晴らしいです - 彼らは長い間ブーケで萎れません。明るい色が優勢ですが、混合物はさまざまな色のスペクトルを作り出しますが、繊細なものもあります - 明るい、パステル調。植物は高い農業技術で最高の品質を発揮します。

牡丹型、素敵なブーケ。一本の花の茎は35センチ以上成長し、共通の幹は70センチ成長しますが、同時に8〜10センチほどの大きさのかごが溶けて観察されます。最も明るいのは燃えるような赤です、そして最も柔らかいのは鮭です。

ロイヤルシャクヤク

すべてのパイオニックアスターの頭の最大の最大の変化は15センチメートルです茎は強くて直立して、最大80センチ、円柱形です。各工場は最高品質の商業用の1ダースダースの余計な肋骨を作ります。強い花びらは雨に悩まされません。強力なブッシュは、栄養を増やす必要があります。ブリーダーは6色のオプション、最も強い - 青のトーンを提供します。

アレクサンドリア

このミディアムアーリーバラエティーはその汎用性のために良いです:強い0.7 mの長い茎は花壇に座ることに対して抵抗力があり、花束に理想的です。花冠は、大きな菊や牡丹に似ています。数多くの強い花序が天候の変化に耐えます。タイムリーな切断は新しい開花波を活性化します。バラエティータイプはいくつかのキーに存在します:白、クリーム、ピンク、赤、紫。最も独創的なのはシャモアです。ライトサーモン、淡いピンク、オレンジ色がかった色です。

最も人気のあるアスターの種類、フザリウム萎凋病に強い。広さが0.5メートルをやや超える広大な茂みには、10センチの大きさの十数個の丘があり、形は牡丹に似ています - 半球形で密集したテリー。植物は異常な色(リンゴの花を連想させる)の注意を引き付ける。花びらの基部は乳白色で、先端は薄ピンク色で薄紫色のサブトーンがあり、ハローが開くにつれて強くなります。

グレーの女性

これは、花弁の白っぽい銀色(「灰色」)の先端を持つ特別な牡丹のようなアスターです。基本色は濃いピンクか薄紫色です。茎は強く、頭は垂れ落ちません。完全に解散すると、テリーまたはセミダブルになります。平均サイズは9センチ、最大 - 12センチブッシュは圧縮されたピラミッド型で、7月から8月にかけて秋の霜まで約12の開花茎を作り出します。

フランスの中心

最新の牡丹形の輸入選択。花冠の直径は8 cmで、色は飽和していて、赤みがかっていて、日光から色あせたり、雨に悩まされていません。花壇の多肉植物、抜群のカット。直立植物は70 cmの高さに達し、枝分かれが激しい。開花期 - 中旬:8月から9月。

南極大陸

Pionovayaアスターは、ブッシュ型のバラ型サブタイプです。花はそれほど大きくない(6 cm)が、高さ0.5メートルの枝茎に大量に咲く。ブッシュの幅は高さの半分です。白、非常に厚いバスケット。この特性は、会社「Gavrish」および「Article」からの様々な「南極」、会社「Sedek」からの同名の星 - 縁石(高さ25 cm、直径9 cm)に適用可能である。

細い花びらを持つアスター

多くの種類があり、それらのすべては驚くべき、独創的な、標準的ではない:いずれにせよ、最も要求の厳しい味さえ。

豊かな色彩と絶妙な香りを持つ、人気の高いタイプのニードルアスター。開花期 - 中から中へ。放射状の「星」は直径13cmに達し、中央の花びらはエレガントに中心を隠しています。多数の枝がある高さ(最大0.7メートル)の植物は、自由に配置する必要があります。季節のためにそれらは5-10の標準的な花束の茎から切ることができる。混合物を蒔くとき、特定の色合いの外観の信頼できる保証はありません、したがって、庭師の間で、個々のパッケージは色が人気があります。クリスタルホワイトの「スノーフレーク」は常に需要があります。

フランス語からの翻訳: "それは必要だ"、 "まともな"。

完璧な休暇を切る。着色 - ホワイト。寸法 - 記録(16〜17 cm)。頭は太く、たくさんの花びらがあります - 細くて優雅です。花びらはとても優しく見えますが、地面では悪天候のために劣化せず、長い間伐採しても色褪せません。たくさんの茎がしっかりと高い茎(0.7メートル)に座っています。赤色の変種はそれほど一般的ではありません(会社「Euro-seeds」のパッケージ)。

巨大な蕾を持つ異常に壮観なシリーズ - 直径16-18 cmまで。細い針と花びらは非常に密集して配置されていて、中心でわずかに包まれて、長い光線で発散します。低木は早めに枝分かれし始め、70センチまで成長します。多くの色はそれぞれ独自の名前を持っています。バラエティに富んだオランダ語 - 柔らかい、サーモン。

豊富な中期早期の開花を伴う古典的な針タイプの最新フォーマット。茂みの高さはそれほど高くはありません - 半分メートルですが、幹は非常に強く、大きさが10〜12 cmの重い星の重さの下では曲がりません。新品種の色の範囲は非常に広いです。

針の花びらは「つめ」によって空想的に曲がっています - 通常は中心に向かっていて、わずかに横向きのらせん状になっています。

茂みは生長していて圧縮されていて、密植に適しています(30 x 30 cm)。背の高い茎(75 cm)は細い細管に折り畳まれた繊細な花びらで15-20カローラを運ぶことができます。花びらは非常にきつく、均等に配置されています。混合物の配色は鮮やかな色で維持されていますが、パステルカラーの滑り止めもあります。花序はそれら自身の方法でそれらが平らでそして美しいという事実に驚いています、しかし同時にそれらは珍しく、そしてそれ故に全く退屈ではありません。

参考のために:グレムリンは現代の神話の産物である「ひどい」おとぎ話の動物です(イギリス、アメリカ、20世紀)。

"恐ろしい"は美しいの横にあります。伝説的なロシアのバレリーナAnna Pavlovaに敬意を表して、メレンゲのケーキと白いチューリップだけでなく、新しい素晴らしいアスターも名前が付けられました。細身の植物には、1ダースの芽が形成されています。解散における花序は、旋回するバレリーナに似ています。ハロー透かし彫り - テリー、しかしあまりにも堅くない。完全なサイズでのサイズは10-12 cmで、植物は高さ(0.7 m)の、平均開花期で、茎に9-11の花をつける。色は異なっています、それらの間で黄色はレモンに近い、適度な色調を持っています。

ピラミッド型のブッシュの形をした中期初期のコンパクトな品種:高さ0.7メートル、幅0.2メートル。花冠は直径12cmまで、非常に厚くそして密に咲く。カラー - サーモンシェード付きピンク。チンチラの動物はピンクがかったベージュ色になりますが、同じ名前のアスターはまだ少し濃いです。

標準的なクローアスターの平均学期開花それは75センチメートルまで成長し、広く広がることはありません。茎は割れやすく、強くて弾力がありません。花は11から12センチメートルに開きます色のスケールは様々な古典的な色調で維持されています。

現代のカッティングシリーズ「Javel」(Juvel、Juel)は「輝き」と訳され、均質な品種と宝石石の名前(ガーネット、パープル、ルビー、ヘリオドール、アメジスト、ロードライトなど)を組み合わせたものです。多分これは最もたくさんの狭い花びらを持つ、最もテリーの星の1つです。花びらは直径14cmの大きなボールで咲き、最初は一様な光線で花びらが飛び出し、次に爪で少し曲げます。ブッシュの高さ - 最大0.7メートル。花束はとても丈夫です。

ミネラルヘリオドールは、最も繊細な黄金色の透明なベリルです。 Flower Javel Heliodor - 非常に淡い黄色、かすかなバターの色合い。アスターのためのユニークな色!

この形は比較的最近の繁殖目新しさです。カットを売っているプロの花屋に高く評価されています。

品種は早い時期と長い開花を兼ね備え、フザリウム萎凋病に比較的耐性があります。最高の強度を維持しながら、茎はすばやく65〜70 cmまで伸び、よく枝分かれしています。季節の間に、1ダース以上の芽が形成され、それは少なくとも12 cmの大きさの大きなボールにゆっくりと溶け込みます。カラーリングは非常に独創的です - 明るい光沢のある紫色の深紅色。

これは最新の一連の球状針タイプで、いくつかの種類があります。その中で、アスター "チェリー"( "チェリー")は濃い濃い赤色で際立っています。季節のための強い高い茎(0.7メートル)は9から13の半球状の花から成長します。たくさんの花びらがチューブ状に丸まっていて、とてもきつく座っています。開花は夏の半ばに始まり、霜まで続きます。

ポンポンアスター

これらのアステロキは高すぎず、さほど大きくはありませんが、ブッシュにはたくさんのカラスがいます - シーズン全体で50個に変更され、同時にそれらの全体の束は風味を帯びています。開花は少なくとも2ヶ月間目を楽しませます。

会社「Gavrish」からの特別な選択はオリジナルの「食用」の名前に恵まれています:乳製品、いちご、ブルーベリーなど。 (色と味の関連によると、1ダース以上の品種)。ふさふさした茎は地面から半メートル上がります。花冠(幅5 cm)は元の形をしています。極端な、やや幅が広くて長い花びらが一種の「スカート」を形成します。中央の花びら - 短く、密集している。 「クリーム入りストロベリー」と「クリーム入りブルーベリー」の2種類が対照的な品種です。

アスターの花の説明

アスターはかなり大きな鮮やかな花を咲かせる栽培植物です。多種多様なため、それらは多年生または一年生植物です。この草本植物には500種類以上の品種があります。

ほとんどのアスターはアメリカと中国の自然の中で成長しています。私たちの国では、これらの花は庭や花壇を飾るために意図的に人々によって栽培されています。多年生のアスターの品種はどんな庭や花屋でも見つけることができます。この植物の利点は、それがうるさいではなく、特別な条件を必要とせず、そして他の花、茂みおよび木の隣の土に容易に共存することである。

たくさんの種類のアスターがあるという事実のために、あなたは花壇を植えて、5月から晩秋にシックな花を楽しむことができます。いくつかの植物は春の初めに、他の植物は - 晩秋に咲き始めます。

アスターの花はさまざまな品種のために、異なることがあります。それらのほとんどは外観がカモミールに似ています、花弁だけが丸められていませんが、端で鋭いです。このため、この花は多くの場合星と関連付けられています。伝説の一つによると、地球に沈んだ星の塵から星が現れたと考えられています。

人気の多年生の品種

多年生植物の品種は、その耐久性、毎年の開花、そして素晴らしい美しさで評価されています。

多年生アスター

植物の種類や種類によっては、5月から11月までの季節を通して開花できます。次に、さまざまな時期に咲く最も一般的な品種について詳細に検討します。

ベスト1年アスター

毎年たくさんのアスターがあります。ポンポンナヤ、銀河、その他 - 最も人気のある品種は中国のアスターと見なされます。この花は非常に青々としていて、正面の庭と花束でとてもよく見えます。

年間品種は庭、中庭、家、バルコニーおよび他の区域を飾るためにランドスケープデザインで広く利用されています。

春の品種

5月から春先に咲き始めるたくさんのアスターがあります。それらのほとんどは野生で見つけることができます、長年の人々のこれらの品種のいくつかは花壇と彼らの庭のプロットを飾ります。早咲きアスターの最も一般的な種類を考えてみましょう:

  • アルバスは比較的低い茂み - 30センチメートル以下 - を特徴としています。この品種は白く咲き、原則として5月に最初の芽が現れます。厚い緑の葉のおかげで、花は高さにもかかわらず、はっきりと見えます。
  • ダンクルシーンはその形でヒナギクに似ています。花はライラック色で、茂みの高さは約25センチで、この品種は山から来ているため、わずかな霜にも耐えられます。
  • ハッピーエンドには長い開花期間があります - 4-5週間。花は優しくピンク色の色合い、茂みの高さは30センチメートル以下ではありません。
  • 勝利はアルプスとヨーロッパの品種を交差させることによって得られる品種です。花はブルー、ミディアムサイズ。茎の高さは約30センチ。
  • 栄光は形がデイジーに似ていて、青い花びらと黄色い中心によって区別される品種です。花はあらゆる庭または前庭に完全に収まります。
  • ゴリアテは非常に大きな花を区別します - 直径6センチまで。初夏には穏やかなライラック色の花が咲きます。

ほとんどすべての春の品種は高山草原から来ています。それらのうちのいくつかは山の麓の野生で育ちます。だからこそ、彼らは低温を恐れず、かなり早く - 5月から6月まで咲き始めます。

サマーアスター

夏に咲くアスターの年々の多様性は、その多様性と独創性において際立っています。明るさと彩度が異なります。原則として、アスターはピンク、白、紫、ライラック、青です。中心は、淡黄色から濃いオレンジまでさまざまな色合いにすることができます。

アストラ牡丹

К самым популярным летним астрам можно отнести следующие сорта:

  • Итальянская астра считается самой распространенной в нашей стране. Ее выращивают садоводы для цветочного бизнеса и любители, для украшений приусадебных участков. Такие сорта поражают разнообразием ярких оттенков. Ухаживать за итальянской астрой просто — достаточно ее поливать своевременно и не допускать пересыхания листвы. 中くらいの大きさの花 - 直径5センチまでイタリアのアスターの最も人気のある代表者は青い色合いの大きな花が咲くキングジョージです。紫色の女王 - 濃い紫色に咲く。
  • これは最も人気があり、シンプルなタイプのアスターであるため、レディハインスリップのピンク色の花はあらゆる前庭で見ることができます。
  • モンゴルからモンゴルの様々なアスターが私たちの国にやって来ました。この花の主な特徴は、最大1メートルの高さです。同時に茎の上に気づかれない行きません小さな花です。モンゴルのアスターは特別な肥料や散水スケジュールを必要としません。植物が干ばつで枯れないようにするのに十分です。アスターは開花中により多くの水分を必要としますが、根系の腐敗を避けるために注ぐことはできません。
  • 金色のアスターは夏の終わりに咲きます。原則として、これは8月の最初の10年です。彼女の花はアスターの通常の花序とはかなり異なります。花序松果体、小、黄色。概して、そのような植物はランドスケープデザインの中庭を飾るために使用されます。

上記以外にも、夏に咲くアスターがたくさんあります。しかし、これらは最も一般的で手入れが簡単だと考えられています。

秋のアスター

秋に咲くアスターは湿気や寒さに強いです。これらの品種は「霜」と呼ばれます。彼らは夏ではないという事実にもかかわらず、彼らはこのクラスの他のメンバーと同じくらい美しくそして明るく。彼らは通常9月下旬から11月末まで咲く:

  • Novobelgiyskayaアストラは非常に高いです、いくつかの植物は数メートルの高さに達することができます。花びらはピンク、ライラック、紫または赤にすることができます。この品種は、夜や曇りの日に閉まる傾向があるため、花束に切るのには適していません。それで、それは氷点下の温度を非常によく維持するけれども、植物は霜から自分自身を保護します。
  • ヘザーアスターは小さな花を特徴とし、視覚的にヘザーに似ています。低木は通常、平均80センチの高さです。良い開花のためには、肥沃な土壌に植えて施肥する必要があります。そうすれば植物はどんな気象条件にも耐えられます。
  • Astra bokotsvetnaya - これは霜に強い秋の品種です。それは、1メートルを超える高さです。花は植物の至る所に均等に配されています。 10月頃に小さな花が咲きます。

秋に咲く植物は、あまり水をかけないでください。彼らは乾燥を好きではないが、彼らはまた過剰な水分を必要としない。十分な自然の雨。

最後に結論を出すことができます。そのアスター - 花壇や庭のための最も美しい、そして最も重要なのは、うるさい花の一つ。様々な品種を植えて、それらは春の初めからそして冬までほとんど楽しむことができます。

アストラエリート - ビデオ:

冬のためにアスターを蒔く方法についてのビデオ

縁石用のアンダーサイズに使用できます 低木アスター濃い緑色の葉が豊富なため、植物はツゲの木に似ており、開花していない状態でも非常に魅力的に見えます。さらに、ボーダーを作るときに低木アスターを切ることは必要ではない、ちょうど少しトリムしてください。

ブルーバードの水色のアスター、ニオベイとアルバのフローラのプレンの品種のホワイトリードの花、ドワーフナンシーの薄紫色の花序、深紅色のアスターロイヤルルビーとローズパープルの花を持つコンパクトな茂み。

しかし、上記の種類の多年生アスターが夏の終わりにしか咲かなければ、 アルパインアスター 5月から6月にかけて、魅力的な小さな花が青みを帯びたライラック色とピンクがかった色合いで始まります。わずかに思春期の茎を持つコンパクトな茂みは30 cmの高さに達します、ミニチュアの花は明るい黄色の中央部分を持つ多色デイジーに似ています。

最も人気のある品種(Dunkle Schone、Alba、Ruber、Glory、Superbus、Goliath、Rosea)は、ミックスボーダー、高山のスライド、縁石、そして園芸用のバルコニーやテラスを作るためによく使われます。

この記事では、年間人気のアスターの最も人気のある品種に関する有用な情報を見つけるだけでなく、正しい選択を判断するのに役立ちますこれらの庭の花の分類を学ぶ。

新しいコレクションに記事を追加する

すでに春の初めに、最も人気があり、お気に入りの毎年恒例の花生産者は細心の注意を必要とします。しかし、それから彼らは夏を通して寛大に彼らのマスターに豊かで明るくて豊かな開花を授けます。

フラワーガーデンに植える価値はありますか?私たちはあなたのために花壇をあなたの誇りとあなたの隣人の嫉妬の目的に確かに変える植物のリストを特別に用意しました。

ロベリア - 花の空気カスケード

このLetnikは非常に異なる色にすることができます:白から濃い青まで。それらは小さく(直径5 mm以下)、中心に小さな白い斑点があります。この斑点の青い花で特に美しく見えます。花の栽培者に人気があります アンペルフォーム この植物など ストレート成長。 Ampellaはバスケット、容器、花瓶をぶら下げて育ちました。そのような形を野地に植えるとき、ロベリア毛布はそれに割り当てられた領域を覆い、空気の根で土にしがみついています。適切な注意を払って、ロベリアはたくさんあります 初夏から咲く、最初の霜まで。植物がコンテナに植えられている場合、それは窓辺の家に冬をうまく転送し、春の剪定後、それは新しい力で咲くでしょう。

コリウス - 花壇での祖母の「網」

多くの生産者の愛Coleusは珍しくて多様なおかげで勝ちました 葉の色。濃い緑色、あずき色、燃えるような赤、ほぼ白、黄色、さらには黒の色で、コレウスだけを使って花壇にオリジナルのコンポジションを作成できます。そしてここ ペダンクル この植物は全く魅力的ではありません - 小さな花が散りばめられた長い矢。したがって、茎が現れたときは、植物が開花に余分な努力を費やすのではなく、その観賞用の葉を十分に増やし続けるように、それを取り除くことが推奨される。コレウスのサイトで選択することをお勧めします 部分的に陰にする。植物が太陽の直射日光の下にある場合、その葉は燃え尽きることができ、そしてそれらの色は衰退するでしょう。

「初期の」マリーゴールド

残りの年次マリーゴールドの中で学ぶのは簡単です。 彼らは黄色、オレンジとニンジンの色で描かれています。オレンジ色が濃いあずき色とうまく組み合わされた事例もあります。 葉っぱ 濃い緑色です。種類によってマリーゴールドは背の高い、中型の背の高い、そして短い気絶です。これらの花は特にうるさいです、花の栽培者はそれらを愛しています。植物は好む 日当たりの良い場所、灼熱の夏の日差しと乾いた日に耐えます。マリーゴールドが苗方法で育てられるならば、1ヵ月後に苗は最初の芽を喜ばせます。

ペチュニア - 年配の女王

一輪の花弁と複雑なパッチをあしらった大輪、小輪、テリー、シンプル、アンペル、そして成長の早い - 絶対にすべてのタイプのペチュニアはそれなりに美しい。そして最も花に無関心な人でさえ、その品種のいくつかによって薄くされる香りに抵抗することはできないでしょう。ペチュニアイージー 夏の暑さに耐える。その雑種のいくつかは雨天と風を恐れていない(枝は壊れず、花は雨滴の一撃の下で傷つけられない)。主なことは、中に忘れないことです 色あせた花を削除彼らは種子を形成させることなく。これは新しい芽と新しい芽の出現を刺激するでしょう。 ブルーム 夏の初めから中秋までペチュニア。 伝播した そのほとんどが苗の方法です。生育期はかなり長く、約3ヶ月です。

ペラルゴニウム - 色とりどりの「傘」

多くは、窓敷居を飾る屋内植物としてペラルゴニウムを見ることに慣れています。しかし、この花は庭を飾るのに理想的です。ペラルゴニウムはとして植えることができます オープングラウンドでそうそして ハンギングポットまたは花瓶。彼女は好む 日当たりの良い地域それは完全に日陰で成長することができますが、この場合開花はそれほど豊富ではないでしょうが。 伝播した 根刈りとしてのペラルゴニウム、およびシード法。その花序は、その種類にもよりますが、色とりどりの傘や丸い体積の球のように見えます。配色は非常に多様です:白、赤、緋色、ピンク、バーガンディなど。

Ageratum - 背骨が喜びの時に!

年齢層は小さな棘のように見えます。それらは小さくて細い管状で、小さな花序バスケットに集められています。夏の初めから最初の霜までの開花植物。 この草本または半潅木の花は強く枝分かれしており、わずかに思春期です。高さでは、植物は10-50 cmまで育てることができますAgeratumはその珍しい外観だけでなく、その不思議な性質によっても注目されています:植物は非常に干ば​​つに強いです。なるべくかなり明るい場所に花を植える。

ベゴニア - 花柄

さまざまな形 この1歳は驚くばかりです!バラや牡丹のような花の形をしたアンペルベゴニアがあります。 赤、黄、オレンジ、淡い白 - 明るく彩度の高い色があります。敷地内でベゴニア推奨 部分的な日陰で着陸する - ここで彼女は最も快適になります。

庭の1歳のアスター

あなたがそれを成長させるならば、アストラは美しい大きい花序を与えます 日当たりの良い場所で。さらに、植物は最初の秋の秋の気温を許容します。アスターはテリーと非テリーです。全般 種と品種 一年アスター、巨大なセットがあります。それらの間で、それらは花の形と色だけでなく高さも異なります。この広い星のおかげで 庭の設計で使用される. 伝播した 種だけを星にする。

バルサムガーデン、または "Vanka wet"

この植物の白、ピンク、紫の色は夏を通して目を楽しませることができます。注目を集める 葉っぱ バルサム - それらは狭くて細長い、ジューシーグリーンの色です。植物の好み 日当たりの良い場所愛してる 豊富なじょうろ。バルサムは十分 セルフシードの品種。しかし忘れないでください シュートを間引く完全に発達するためにそれらが互いに干渉しないように。

Pin
Send
Share
Send
Send