一般的な情報

有用、カロリーおよび禁忌よりもフェイジョア

Pin
Send
Share
Send
Send


生命活動に必要な物質の不足を取り除くために、それはあなたの食事療法でそれらで飽和された食品を含めることで十分です。フェイジョアの果実は女性の健康にとって特に価値があります。それらの使用は大量のヨウ素の含有量だけではありません:果物のミネラル組成ははるかに豊かです。

フェイジョアに含まれるもの

果物の成分には微量元素やビタミンが数多く含まれているため、その利点は疑いの余地がありません。

  • それはすぐに消化可能の記録的な高濃度を持っています ヨウ素体型を保つために必要
  • かなりの量が含まれています 亜鉛 - 生殖機能の正常な実施のための重要な微量元素
  • 果物にも含まれています カリウム、マグネシウム、リン、鉄、ナトリウム,
  • 高額 ビタミン群B、CC、P.
ヨウ素欠乏症の悪影響を忘れるためには、週に3〜5個のフェイジョア果実を食べるだけで十分です

利点は果物だけではありません:皮膚は優勢な量の有用なフェノール化合物を含みます。

なぜ女性はフェイジョアを使う必要があるのか

上記のミネラルとビタミンの豊富な成分は明らかに体に良い効果をもたらします。具体的に言えば、フェイジョアの女性への利用は次のような機能から成り立っています。

  • フェイジョア禁忌の場合を除いて、内分泌系のほぼすべての疾患の治療と予防を提供します。
  • ビタミン欠乏症の迅速な治療を促進します。
  • 免疫システムとウイルス、感染症に対する体の抵抗力を強化します。この性質のため、フェイジョアは術後または重度の病気の女性に推奨されます。
  • 果物に含まれる繊維は消化管を正常化します。それらの定期的な使用は胃炎、膵炎、肝疾患の悪化の間に症状を和らげます、
  • かなり高濃度の鉄のために、果物は減少したレベルのヘモグロビンを正常化することができます。
  • 真菌、病原性細胞との闘いに成功し、
  • 果物が癌細胞と戦う能力が明らかにされています。それらは癌を予防する手段としても非常に効果的です。
  • 組成物中のリンゴ酸は、血液循環を改善し、代謝を改善します。
  • ニコチン酸の助けを借りて、果実は神経系の機能を向上させ、圧力を正常化し、
  • あなたがローションとして皮の煎じ薬を使うならば、傷、擦り傷の急速な治癒を促進して、特に歯肉の上の炎症と傷を取り除きます、
  • それは女性の生殖器系の機能を改善します、
  • フェイジョアマスクは肌に有益な効果をもたらし、ニキビ、酒さを治療し、血管の星や色素沈着の痕跡を減らします。

妊娠中のフェイジョア

妊娠期間中の女性は非常に慎重にそして故意に彼女の食事療法を扱います - それはどのくらい活発に赤ちゃんが成長し発達するか、そして妊娠中の女性がどのように感じるだろうかを決定します。

通常、医師は女性が主に住んでいる気候帯で栽培された野菜や果物を食べることをお勧めします。しかし、このアプローチでは、冬季にバランスの取れた食事を提供することは非常に困難です。このような状況でよく助けがフェイジョア果実の食事療法に追加することができます。

彼らの 妊娠の利点 そのような機能のために:

  • 同時にエキゾチックなフルーツの組成は、 ビタミンPPとC。二番目のビタミンは一番目のビタミンの存在下で数倍早く吸収されるので、これは女性にとって良い組み合わせです。
  • 重要な役割は果実の飽和によって果たされる。 ヨウ素と鉄。妊娠の最初の学期に、およそ12週の期間の間に、甲状腺剤は胎児に発達し始めます、なぜなら、この期間の間、フェイジョアは特に推奨されるからです。さらに、その微量​​元素は簡単に消化されます、
  • それは十分含まれています 葉酸 - 通常の妊娠過程に寄与する必須物質。
妊娠中の女性がヨウ素を含む薬を服用する場合、フェイジョアは注意して治療されるべきです:あなたはあらかじめ観察医に相談するべきです。

しかし、すべての女性がこれらの果実を等しく推奨されるわけではありません。そのような多様な組成物はそれらの使用に対して多くの禁忌を生み出す。

誰がフェイジョアから守るべきか

果物を食べることについて非常に注意するべきである人々のいくつかのグループがあります。

一般的な推奨事項 そのような:

  • 熟した果物がめったにアレルギー反応を引き起こすことはありませんが、それはあなたが最初にそれに会ったときにそれをテストすることをお勧めします。アレルギーのごくわずかな徴候では、それ以上の使用を拒否する価値があります、
  • 特に胃腸管の弱い女性には、フェイジョアと乳製品を同時に服用しないでください。この組み合わせは胃のむかつきをもたらします。
  • 高濃度のヨウ素のために、果物は高血圧症に禁忌です、
  • 糖尿病が発症した場合にフェイジョアを摂取できるかどうかについては、かなり複雑な意見があります。糖尿病に対する直接的な禁忌はありません。患者の指標に応じて、医師のアドバイスは異なるかもしれません:ビタミン欠乏症、うつ病、動脈疾患の存在下では、果物は少量で許可されており、肥満の場合はそれを放棄することをお勧めします。

feijoaの使い方

そのユニークな能力を保持しながら、フェイジョアを調理する方法について多くのレシピと勧告が考案されました:

しかし、医師は厳密に警告しています:比例の感覚はあなたを変えるべきではありません。果物には、指標のレベルにさまざまな程度の影響を与えるさまざまな糖がたくさん含まれているため、果物を食べ過ぎることは固く禁じられています。

  • 果実は、糖尿病に加えて、鬱病、ビタミン欠乏症、消化管の炎症、動脈疾患に苦しんでいる患者にとって有用である。
  • 肥満と甲状腺機能亢進症(甲状腺はあまりにも多くのホルモンを生産します)で、フェイジョア果実は有害です。

重要です!フェイジョアと同時に他の単糖類を食べてはいけません。果実が熟していること、そして少しだけ熟しすぎていることを確認してください。

妊娠中のフェイジョアの恩恵と害

妊娠中の栄養によって、女性は非常に責任があります。活発な成長、乳児の発育、およびすべての臓器の産卵が現在行われているので、主な状態はバランス、多様性およびその利益である。

しかし…残念なことに、現時点では想像できないほどさまざまな危険性を利用しています。通常、医者は体を支えるためにより多くの果物や野菜を食べること、そしてできればあなたが住んでいる気候帯で成長することを勧めます。冬になると、これを実行することはまずありません。

エキゾチックにもかかわらず、妊娠中の女性に最適なフェイジョア。妊娠中のフェイジョアの使用は何ですか?

  • ビタミン最も重要な女性は、ビタミンCがはるかによく吸収される会社で、PPです。
  • この期間の貴重な天然物質は鉄とヨウ素です。後者は簡単に消化され、すぐに胎児にやって来ます。妊娠12週目にフェイジョアに注意を払う - 子供に甲状腺が形成され始めます。

重要です!あなたが子供を運ぶときに医者によってしばしばされるヨウ素の追加で薬を処方されるならば、過剰のヨウ素は欠乏と同じくらい有害であるので、果物の使用は制限されるべきです。

病気の治療におけるフェイジョアの使用 - レシピ

様々な病気の治療にはフェイジョアの果実が使われていて、もし木が生える場所に住んでいれば、葉、花そして樹皮が生えます。

  1. 黄疸ドライフラワーを加えることによって植物の葉からお茶を醸造する。
  2. 甲状腺の病気の予防と治療に。木の葉を使う。それらからヒーリングティーを準備します:大さじ1杯の熱湯で醸造されて、30分醸造されます。
  3. 翡翠蜂蜜のスプーンを加えたお茶は役立ちます。
  4. アテローム性動脈硬化症果物の生ジャムを作り、治療、予防、そして喜びのためにスプーンで食べる。
  5. 甲状腺友人、フェイジョアの季節を見逃さないでください、そしてあなたは甲状腺の問題を忘れるでしょう。生のベリージャムは効果を高めるために砂糖の代わりに蜂蜜を加えるのに役立ちます。

フェイジョアジャム:

誰もが生のフルーツジャムを楽しむでしょう。ミートグラインダーでフェイジョアを切り刻み、砂糖を加えます。果実と甘さは同じ量を取ります。

フェイジョアの選び方と食べ方

購入者へのタイムリーな配達のために、果物の摘み取りは前もって始まります、まだ十分に熟していません。果物は長期的な輸送中にその恩恵を失うことはありません。あなたが既に熟したコピーをすでに選んだならば、それをすぐにそれを食べなさい、それは急速に悪化します。

熟した果実は濃い緑色の薄い皮、ゼリーのような肉、わずかに黄色がかった色合いを持つ淡いピンク色をしています。未熟な果実はそれが速く熟すように少し横になっている必要があります、それに熟したバナナを置きます。

果物を食べるには?小片に切って皮なしで食べ、ナイフでそれを切る。それは有益な特性のライオンの分け前を含んでいるので、果物を完全に食べるのが良いです。ほとんどの人はakkuを半分に切ってから、スプーンでパルプを選びます。

サラダに果物を加えて、軽食、グレービー、サンドイッチ、デザート、スムージーの準備に使ってください。すぐ上のフェイジョアジャムを作るためのレシピを読んでください。

害と禁忌

フェイジョアの使用に対する禁忌について慎重に読んで、果物から最大の利益と最小の害を得たいです。

熟した果実がアレルギー反応を引き起こすことはめったにありませんが、初めて試みるときは、最初に小さい部分を試して、体の反応に従ってください。これは必須の原則、特にアレルギーを直接認識している人には行わなければなりません。

  • 推奨事項の中に1つ注意があります:あなたは牛乳とその製品とフェイジョアを混ぜるべきではありません - 腸障害は確実にされます。
  • 1年まで子供たちに果物を提供しないでください、果物を同化するのに十分な酵素が彼らの体にありません。
  • 果物には、記録的な量のヨウ素が含まれています。甲状腺機能亢進症の場合にそれを使用することを拒否、それは体に有害な影響を与えるでしょう。
  • 糖尿病では、あなたは完全にフェイジョアをあきらめるべきではありませんが、それは砂糖が高いので、流されてはいけません、そして医者の許可だけで果物を食べてください。

印象的ですね。情報に加えて、彼女はフェイジョアの体の健康への利点と損害についてのビデオを拾いました。愛をこめて…Galina Nekrasova。

Pin
Send
Share
Send
Send